ノーディパイプ工法
nordipipe method
水道用管更生・更新工法協会 > ノーディパイプ工法

老朽化した圧力管路を自立管としてリニューアル

熱可塑性樹脂被覆 ノーディパイプの水密性を保持
補強層(ガラス繊維強化マット) 土圧・内水圧に対し、自立管としての強度を復元
反転施工の状況

反転施工の状況

施工後の管内状況

施工後の管内状況

適用範囲

対象管路 鋳鉄管、鋼管、鉄筋コンクリート管
対応口径 φ200~φ1100※
設計水圧 1.0MPa
材 料 樹 脂 (水道・工水)エポキシ樹脂
(工水)不飽和ポリエステル樹脂
補強層 ガラス繊維強化マット
被覆材 円筒状織物(ポリエステル織布)
熱可塑性樹脂被覆
水 質 JWWA Z108 準拠

※口径φ800以上については、現場条件により対応可能

ノーディパイプ工法の優れた特徴

ノーディパイプ単体で100年後の設計水圧に耐える

ガラス繊維強化マットによる補強効果と水密性に優れた内面の熱可塑性樹脂被覆により、ノーディパイプ単体で設計水圧1.0MPaに耐えられます。

使用樹脂 試験圧力 脈動回数 結 果
エポキシ樹脂 0.25 ←→ 1.05
100万回

漏水・割れ等の
異常なし

不飽和ポリエステル樹脂 0.25 ←→ 1.05 100万回

※100万回:100年×365日×約27回を想定

自立強度を有する

ガラス繊維強化マットを使用することで、ノーディパイプ単体で埋設荷重に耐える事ができます。
日本水道協会「水道施設設計指針2012」に準拠した設計が可能。

既設管の屈曲に対応

更生後、給水分岐や空気弁の取り付けが可能

既設管に、45°曲管4箇所を含む場合にも対応可能。
伏せ越し部も施工できます。

更生後、給水分岐や空気弁の取り付けが可能

(1)不断水での給水分岐技術(φ25・φ50)

安全な水質

水道・工水で安全に使用出来ることを確認。

用 途 使用樹脂 試験方法 結 果
水 道 エポキシ樹脂
JWWA Z108
水道用資機材
浸出試験方法
に準拠

日本水道協会規格クリア
(49項目)

工 水 不飽和ポリエステル樹脂

日本工業用水規格(8項目)
+WHO規格(スチレン)クリア

耐震性能を確認

「継手部の耐震性」「一体構造管路としての耐震性」の両面から、レベル2地震動に対する安全性を照査。

既設管継手部の耐震性確認(FEM解析(梁バネモデル))

プリライナー使用で許容ひずみ以下に

一体構造管路としての耐震性評価

レベル1、2の地震動に耐え得る事を確認

継手部の追従性試験

レベル2地震動時、継手部に発生する変位にノーディパイプが耐えられる事を確認

ノーディパイプ工法の標準施工フロー

standard construction flow

施工事例

example

反転挿入

加熱硬化

管口仕上げ

施工事例をもっと見る

関連動画

movies

※ご利用の環境により、動画の読み込みに時間がかかることがございます。予めご了承ください。

PAGE TOP